妊娠線防止クリームの瓦版【口コミを比較!おすすめはコレ!】

MENU

妊娠中の敏感な肌にも使える、妊娠線予防のケアアイテム。

私は二年前に出産をしましたが、妊娠が発覚した際に、周りの友人に「妊娠線予防は早めからした方がいいよ!」と、アドバイスを受けました。

 

初めての妊娠でしたし、妊娠線もどのようなものかよく分かりませんでしたが、友人が実際にできてしまった妊娠線を見せてくれました。

 

ケアをせずにいた為に肌に割れ目のような跡がクッキリ残ってしまったそうです。

 

妊娠線予防クリームを使う時期は良くわかりませんでしたが、友人から話を聞いた後、いくつかの製品を試しました。
一番好んで使っていたのはセタフィルのモイスチャライジングローションです。

 

肌が敏感になる妊娠中でも安心して使える低刺激な商品です。

 

無香料であることで、つわりのある初期には抵抗なく使えます。

 

また、ポンプ式の容器であることも使いやすくて良かったです。

 

使用感は、ノビがよくスーっと馴染むように浸透していき、高い保湿力がありますがベタベタしないので夏もケアしやすいと思います。

 

 

おかげで妊娠線もほとんどできずに保つことができました。

 

妊婦さん以外にも家族みんなで使える商品なのでオススメです。

 

薬局やインターネットなどでも購入できるので試してほしいと思います。

 

妊娠線予防のために私がやったこと

 

妊娠線はできてしまうと消えない、と聞いていたため、絶対に作らないようにしようと思っていました。

 

お腹をマッサージしてお腹が張っても大丈夫と言われる、いわゆる安定期に入ってから妊娠線予防のマッサージを行いました。

 

その時使ったのは妊娠線予防専用のクリームなどではなく、

 

ニベアなどごくごく普通の市販の保湿クリームを使用でした。

 

お風呂上がりに、たっぷりつけてお腹を優しくマッサージ。

 

円を描くようにマッサージしたあと、お腹の下から上へとクリームを肌にのせていきました。

 

 

 

お腹が張ってきたら、それ以上はやめて、これを毎日臨月まで続けました。

 

おかげで妊娠線はほとんどできなかったけれど、やっぱり1つ2つ、妊娠前には

 

なかった線のようなものができてしまいました。

 

ごく小さいもので、あまり目立たないけれど、きちんとマッサージしていたのに妊娠線ができて残念。

 

妊娠線防止には、とにかく保湿が肝心なよう。

 

乾燥すると妊娠線ができやすくなったり肌がかゆくなってしまうので

 

とにかくマッサージの仕方よりも、つねに潤わせておくことが大事だと教えてもらいました。

更新履歴